iPhone7の発売が世間を賑わしていますが、今日はAndroidの話です。
今年のはじめ、オンラインの中古ショップでXperiaを購入しました。

私は普段、iPhoneを使っているのですが、仕事の都合でAndroidが必要になり、せっかくなら以前から気になっていたXperiaを買おう!でも新品は高い・・・ということで中古を選択。

docomoやau、SoftBankなどで販売されている端末も、購入から一定期間が過ぎればショップでSIMロックを解除して、他の通信会社と契約できるようになります。
そこに利用料金の安い「格安SIM」を入れれば、リーズナブルにXperiaを使える!という目論見です。

私が購入したXperiaはauのものだったので、端末をauショップに持っていき解除を依頼したのですが・・・

なんと、端末代に未納分が残っている状態で解約されているために、SIMロック解除できないとのこと!

中古スマホでは、たまにそういうトラブルがあるという話は聞いていましたが、見事に当たってしまいました。
くじ引きなどはまったく当たらないのに、ロクでもないことはよく当たります。

購入した中古ショップに連絡したところ、すぐに返品に応じてくれましたが、何はともあれ代わりの端末を入手する必要があります。

結局、すぐに端末が必要だったこともあり、店頭購入・即日開通に対応しているビックカメラの格安スマホを購入することにしました。

ASUSのZen Fone2という製品です。
SIMとセットで購入したこともあり、価格は中古Xperiaの半額以下!

 

背面の曲線が特徴ですが、これが以外とくせ者。

持ち手のリングを取り付けたところ、微妙に浮いてしまうんです。

これでも強度には問題ないのですが、隙間にホコリが入り込むのが気になります。

まあ、でもそれ以外は大きな問題はなく、利用できています。
(メイン端末ではないため、いろいろな状況でガンガン使いこなしているという訳ではないですが…)

というわけで、中古スマホの購入を検討している方は、くれぐれもご注意ください。

もちろん、Wi-Fiだけで使うと割り切るなら、このような「訳あり」端末でも問題ないですが、やっぱり誰かの未払い料金が残っているスマホを持っているのって何となく気持ち悪いですよねぇ……